今回は板に描いた線を小刀を使って縁取っていきます。
少々面倒な作業ですが、これをやるのとやらないのでは、後の工程が楽になるか大変になるか変わってきます。
また、彫る際のミスが少なくなります。

縁取り

ここでは線が残るように線の外側に刀を入れます。
細かい話ですが、私は右利きなので刀の左側に線がくるように持ち、垂直に刀を入れます。そうすると刀の作り的に右側に少し角度がつくので、右側がやや広がります。
これを逆にやると、残す文字の方が縮まるため文字がいびつになってきます。
必ず刀の左側が線になるように板の向きを変えながら地道にやっていきます。

そうしてできたのがこれです。
縁取り後

わかりづらいですかね。

次回はフレームの中をくり抜きます。彫刻はまだまだです。

フォトスタンド製作4

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする