今回は写真を入れるため、裏面を加工していきます。

写真を当てて線描画

まずは裏面に本物の写真(L判)をあてて、線を書きます。
こんな感じになりました。

線描画

次に線上を切り込んできます。これは表面の縁取りしたときと同じ要領ですが、前回と違うのは線上を切り込むというところです。今回は直線の切り込みなので、小刀よりも平刀のほうが楽です。

こんな感じ。

裏面切り込み後

透明プラの厚さが0.5mm、写真の厚さが0.1mmほど、抑えのプラ板が3mmなので、約4mmの深さで彫ります。
しかし、彫刻刀でこれをやるのは結構大変なんです。
ノミを使うほどでもないですし・・・・・・。

ここで登場するのが電動彫刻刀です!

電動彫刻刀

これはすごいです。音は少々うるさいものの、彫刻力は手彫りの10倍以上です。
私はアパート住まいなので騒音は気になるところですが、短時間で一気に行きます!

裏面彫刻完了

裏面が一通り彫り終わり、軽く紙ヤスリをかけました(#150)。
そして、表面に戻り、下書きの線が消える程度に全体的に紙ヤスリ(#400)

全体的にヤスリがけ

さて、メインの彫刻はこれで終わりです。
次回最終回は色塗り、ニス塗りの仕上げです。

フォトスタンド製作8

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする